せっかくなので勉強していることについてお話します。

理学療法の専門学校に通っていることを話しちゃっているので、せっかくだから勉強していることもお話できればと思います。

4年生の専門学校に通っているのためか、同じクラスの子は全員年下でクラスでは副担任みたいな扱いになってます笑

今2年生なのでまだ実習にも行っておらず、基礎科目の復習や徒手筋力検査の実技の練習をしている段階です。

勉強をしていて最近思うこととしては、理学療法に限らずにはなりますが、医療のことについて勉強しているとテレビとか本で見る情報ってほんとごく一部だな〜と思います(そんなのあたり前なんですが笑)。

例えば、上腕の腕の骨折を一つとっても、上腕骨のどこを骨折しているのか、どのような骨折線が入っているのかなど他にもたくさんありますが、こんなのって医療職でない人間からしたら怪我をして初めて考えることだと思うので、知らなくてあたり前だよな〜と感じます。

でも、こういう情報を多くの方に噛み砕いた内容でお伝えできれば、人生100年時代を迎えるこれからの日本では絶対に必要な情報だと思います。

だって、平均寿命は伸びているのに健康寿命が伸びないと病院や施設に入院・入所している方ばかりが増えてしまい、病院・施設の受け入れが難しいとなってしまいますからね。

こうなることを防ぐためにも、健康寿命を伸ばすことにフォーカスして勉強していければと思っています。まあ今は学校の勉強を覚えることで精一杯なんですけど笑

まあこんな感じで普段の勉強で疑問に思ったことや感じたことをお話できればいいなと思ってまーす、意見等もたくさんいただけたら嬉しいです!知らないこともまだたくさんあるので!

それでは、今日はこの辺で。グッッッッッバイ!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA