遅れてすみません・・・

お久しぶりです!大タンです!!

 更新が遅れてすみません!なかなか勉強が忙しくてですね、、更新が遅れてしまいました。本当にすみません。

 今日は、リバプールがプレミア初優勝いたということでここまでチームを支えてくれた我らがキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンについてお話したいと思います。

 ジョーダン・ヘンダーソンがリバプールに移籍してきたのは2011年なんですけど、当初は点も取れないしアシストもなかなかできないしで当時の監督であるロジャース監督(現レスターの監督です)から戦力外通告を受けてたんですよね・・・

 でも、ここからがヘンダーソンのすごいところで、彼には豊富な運動量という武器があってそれが徐々にチームにフィットしていきました。特に当時はジェラードがパスの出してとしての役割を担っていたのですが、全盛期と比べても運動量は落ちていました。

 そんなジェラードの足としてどんどん動いて前線に飛び出して行ったのがヘンダーソンだったんです!試合見てると本当にめちゃくちゃ動いてるんですよね、びっくりするくらいに笑

 ジェラードが退団後に、チームのキャプテンに任命されるのですが、ここもすごいプレッシャーがあったと思います。チームのレジェンドからキャプテンマークを引き継ぐわけですからね、そりゃプレッシャーありますわ・・・

 少し色々と端折りますが、ヘンダーソンがCLのカップ掲げたときやプレミア優勝決定した時の姿みたらこっちも涙ちょちょ切れますね〜

 今日はここまでにしたいと思いますが、ヘンダーソンについてはまた次の機会にもっと語りたいと思います。

 それでは。グッッッッッッバイ!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA